管理人

出会い系サイトにおいて、成功談もあれば当然失敗談も存在します。これまではいわゆる「当たり回」ばかりを喋ってきたのですが、今回は失敗談についても紹介していこうと思いました。というのも、僕の知り合いでパチンカスがいるんですがこの人いつも勝った時の話しかしないんですよね。本当は知っているんです、負けていることも。でも勝ったときだけのことを話されてもまったく面白くない事に最近気づいたんで、今回は「負け」た時の話をしてみよう!!というのが経緯で御座います。

最初にアプローチをかけてきたのは女の子のほう

出会い系サイトというのは基本的に男女比7:3(利用するサイトによっては1000:1)なんですが、当然男性サイドから女性サイドにアプローチをすることが多いです。僕も普段はそうです、「お!この子いいなぁ」と思ったら猛アプローチをかけることが殆どですし、それに慣れているからそれが当然だと思って出会い系サイトを利用しています。今日も。

ですが、その日は大変めずらしいことに女性サイドからのアプローチがありました。日記のコメントなどではなくプロフィールをチェックして直接飛んできたようです。すかさず相手のプロフィールもチェック。

 

20代・都内、ということで第一関門というか、条件はクリア。基本的に都内の人は終電近くまで一緒に居られますし、こちらも帰る時に楽なので優先的に”都内”かどうかをチェックしているクセが付いています。

顔写真は載せていなかったのですが、なんだかよく分からない汚ぇクマのぬいぐるみがアイコンになっていました。今思えば、この時点で辞めておけばよかったものを、最近仕事でも体調でも不調続きだったんで癒しがほしかったか、血迷っていたかのどちらかだったんだと思います。ソッコーでアポを取りました。

 

すると、驚くべきスピードで返事が!「いいですよ♪何時がいいですか?」ということで、仕事が終わる頃にしました。最近は夜暗くなるのも早くなってきたんで、すこし早めの時間を指定する事にしたわけなんです。

といっても、その時間帯も既に周囲は明るいんで別に良いかなとか色々考えている間に即返事「いいですよ^^」。

昼間に会うことはあっても、やっぱり出会い系サイトで知り合っているというのもあるので、できれば夜にアポを取りたかったんです。闇に溶けて消えたいというか。出会い系で会いまくっているくせに周囲にはいかにも出会い系サイトで知り合った2人です^^と思われたくないというか。

ここまで来るまでにあまりにもトントン拍子だったんで、当日まさかドタキャンとか無いよな?というか、彼女本当に素人?援デリ業者とか無い?まさかの美人局?とか色んな”もしも”を想像してしまったんですが、その日はもうクタクタだったんでそれ以上考えることをしないで寝ました。

すると翌朝、鬼のようなラインが。

内容は、別にたいしたことではないのですが

 

今から夜食を

(午前3時頃に)今日は午後から雨なので傘を忘れずにね(はぁと)

私はまだまだ眠れないです~

などなど・・・そして、既読スルーはかなり印象が悪いので一応

おはようございます

 

とだけ。するとソッコーで返事が!一体いつ寝ているんだ!?

 

そして当日

そんなやり取りが数日続き(本当に彼女は一体いつ寝ているのであろうか・・・まるでbotそのもの)、いよいよ当日に。

鬼ラインから察するに別におかしい人でもなさそうだし、サイトのアイコンはアレだけど会ってみると意外と可愛いのかもとか”勝った時”のことだけをただひたすら脳内再生しながら待っていました。

本日新宿の駅前での待ち合わせになったんですよね。僕の方があらかじめ服装を伝えていたんです。

すると後ろからか細い声で

 

・・・すみません、僕さんですか・・・

 

振り向くとなんとそこにはLが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

映画の宣伝か!?!

いや、でも僕の名前呼んだし、でもこいつLだよ!?

なんで!?!!

はい!??

映画!?!

僕デスノート持ってませんよ!??

僕死ぬの!?!

 

と、ある日突然彼女に「生理が来ないんだけど・・・」と持ちかけられた時のあの一瞬時が止まったけど脳内では様々なことがぐるぐると駆け巡った時のようなあの心境でした。とにかくLそのものなんです!!!
%ef%bd%8c%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%aa%e5%a5%b3

・・・あのー・・・

と声を掛けられてやっと我に返りました。

Lが目の前で、僕の名前を呼んでいる・・・そして当然ですが、目立つんですよ。

 

身長は高いほうと言ってただけに、僕よりもすこし低いくらい(恐らく170くらい)あるし、見た目もLそのものですし、で

とにかくここでは

 

と言ってすこし人気の少ない場所へ移動しました。

その移動中にも、帰りたくなって泣きそうになったのをぐっとこらえて、これからどうしようなどと考えていると、

すみません・・・」とまた声を掛けてくる!(泣)

今度はなんだ!?

 

あの、私、ホテルを予約しているんですー・・・

 

WHY!!!!!

どんだけ用意周到なんだ!!!!

っていうか、行くのかホテル!!

マジかよ!!

 

勃つかな、僕もいよいよ赤マムシとか必要なのかな、えっ、ホテル?(泣)とか色々考えている間にご丁寧に彼女が予約してくれていたホテルまで先陣を切って案内をしてくれました。

すると、職場から目と鼻の先のホテルあぁぁぁぁぁぁ!!

出る時絶対同僚に見つからないようにしないとまずい!!!

手際よくチェックインを済ませていざ部屋へ・・・・。

脳内BGM:ドナドナ。

 

Lとできるのか?

L、早速ルームサービスでなにやら色々注文している模様。

その間も終始無言です。そしてL、やっぱりあの座り方。意識しているのであろうか?普段からそういう感じなのか?というか、L本人なのか?と思って凝視していると、

あの、私身長高くて・・・この座り方じゃないと腰が痛くなってくるんです・・・

 

あぁ、そうなのね・・・。別に何かを推理しているとかじゃないのね。

ルームサービスでは、アルコール飲料のほかに軽くつまめるような食事+デザートが。お腹すいてたの?と聞くと、

何も食べていなくて」。

 

あぁ、そうなのね・・・。

届いたビールを飲んでいると、色々食べ終わったL

お風呂行きましょう・・・

 

とぼそぼそ言っている。
いよいよその時がやってきたようだ(泣)

 

L、激しい

正直、勃つ気もしなかったですし何よりも今回はハズレ回の”負け”だったのでセックスどうこうよりも早く帰って録画してた生き物にサンキュー!を観て癒されたかったです。

ですが、L、待ったなし。

 

あの・・・一緒にどうですか

いえ、僕は一人で大丈夫ですから

でも、一緒に・・・

 

の押し問答を繰り返すこと数回。

結局僕が折れて一緒にお風呂へ行くことになってしまいました。

するとL、服を脱ぐとますます男のよう。

なんていうか、細いのは良いのですが女性特有の曲線美が一切ないというかもう男ですか?という感じでゴツゴツしているんです。一瞬男!?と勘違いしてしまうレベルで。

ずいぶん細いんだね、と言うと

 

食べても脂肪が付かないんですよね・・・

そうなんだ、勿体無いなぁハハハと笑うとL

でも男性は細い女性が好きですよね・・・

 

なんて言いやがる。

管理人怒り

男が好きなのは(出るところは出ている)細身の女性であり、Lほどガリガリな女性には魅力を感じないのである!(泣)世間の”男は痩せている女性が好きなんでしょ?”と勘違いしている女性全員に伝えたいのですが、男性はおっぱいやおしりなど出ているところは出ていてほどよく脂肪がついているけど痩せている女性が好きなのです!!

 

そして、お互い洗いっこなんてすることはなく終始各々がシャワーを浴び、なぜ一緒に入る必要があったのかを考えていると

 

お先に出ますね

 

とL先にあがった。渋々僕もその後に続く。

L、バスローブを着用して早速ベッドイン!やる気満々のスタイルである!

 

僕も横にゴロン!とすると、L早速こちら側に体を寄せて耳→乳首→おへそ→太もも→局部といった具合に慣れた手つきで攻めてくるぅうぅううああああああ!まったく勃つ気がなかったのですが!やっぱり触られると感じるもので(泣)男の悲しいサガですね(泣)するとすかさずL、ベッドの下のほうにもぐりこんでフェラ開始!

 

まるで本物のLがご奉仕をしてくれているようにしか見えず、

あぁ、きっとデスノートの薄い本というのはこういう感じなのかな

 

などと考えている間にもL、攻めてくる!

しかも驚いたのはフェラが上手である!!(泣)

 

恋人はいないと事前に言ってたので、こうやって出会い系で知り合った男に仕込まれたのかなんなのか知らないけど、上手い(泣)!!

 

なんというか、教科書(それがあるなら)どおりという感じで規則正しいやり方をしてきます!!

もしかしたら、仕込まれたというよりも事前にネットなどで調べて練習を繰り返していたのかもしれない。

ジラし方なんかも上手で、「そこでジラすとかちょっとぉおぉぉ!」と悶絶。

そして結局フェラで一回戦が終わってしまいました。
L、頬を染めて嬉しそうぁぁぁぁああぁぁ!!

一応、上手なフェラをしてくれた手前、このままセックスしないで帰るのは良心が痛むというか、悪いような気がしたので僕もやることに。

 

Lとのセックス(泣)

”当たり”回ならこの前戯の時間というのは何よりも楽しい時間になるのですが、今回はまた話が別です。

まるで男のような直線的なボディに、おっぱいの「お」の字もなく、ベッドにねっころがったその姿はまさしく男そのもの!どこから攻めようか考えていたら、Lが手をつかんできて早速局部を弄りだした!

えっ!?もう!?

 

と思わず声が出てしまったのですが、L

いいんです・・・

 

といろんな前戯すっ飛ばして手淫だけする事に。

L、気持ちいのか時々短い喘ぎ声を出す。そしてL

入れてください

 

とおねだり。時間もアレだったので、早々に入れることに。すると、Lあまり濡れない体質なのか、ちょっと痛そうにしてたのでかなり浅く細かくを何度も繰り返してやっと濡れてきました。ごめん、L。

結局、正常位だけでフィニッシュをすることとなったのですがL終わった後満足そう。良かった良かった。

ごめんね、僕明日朝凄く早いんだ

 

と言って二回戦に突入する前にお断りを入れて帰宅することにしました。(朝早かったのは本当なのですが、どうしてだか三回出せる気がしなかったというか、どっと疲れが出てきました。)

Lは

わかりました・・・

 

と言って、更に

私今日ここに泊まっていくので、そのまま出ちゃっていいですよ・・・

 

と言ってたので、お言葉に甘えて僕だけ帰宅することにしました。

 

まとめ

その日の夜遅く、やっぱりラインがたくさん飛んできました。

今日は楽しかったよ♪

次はいつ会える?ハート

 

といった具合に、ラインと実物のギャップの差がすごいことにも今、気づきました。

ギャップに差があるというのは大歓迎なのですが、でもこの場合悪い方に差があるというか・・・なんでラインだとそんなに明るいのに実物はLなの!?です。

ただ、フェラはとても上手だと思ったので人を見かけで判断するのは良くないなぁ・・・とも思いました。

ただ、やっぱり僕のタイプではなかったのでその彼女と会うことはもう無いのですが、最後に出会い系サイトで使っているあのアイコンは何?という質問を送ってみることにしました。

 

すると

私は友達が居ないので、あの子は私のお友達なんですよ

 

という痛い一言があぁぁぁぁ!

その後も、僕の最後の質問なんていうのは一切お構いなしで、

明日はこのまま新宿を巡りますね

まだあそこがジンジンしています・・・(はぁと)

 

管理人悩み

とエンドレスにラインが来ていました。結局、もう会うことは無い人なのでラインは削除。今後、出会い系サイトで人物以外のアイコンを使っている人がいて、いくら自分の条件にピッタリ当てはまるような女性が現れてもスルーすることにしました。会ったらLが来たとかトラウマ過ぎる(泣)

 

そして女性が乱れる姿を見るのは大変嬉しいですし、こちらも喜ばしく思えてくるのですが今回に至っては終始僕だけが乱れっぱなしでした。

ハズレ回の話、実はこれだけじゃないんですよね・・・。

 

出来れば、この”出会った女性がLだった”が最初で最後であってほしかったのですが、まだまだ続きます・・・。